スポンサーリンク

【必読】現代にも活かせる孫子の兵法

History
スポンサーリンク

 

「孫子の兵法って聞いたことはあるけど意外となんにも知らない。」
「敵を知り・・・ってやつを書いた中国のひとよね??」
「武田信玄とか戦国時代の人たちも参考にしていたって聞いたことある!」

 

こんにちは、こじのびです。

 

皆さんは「孫子の兵法」をご存知でしょうか?
「孫子」ぐらいは聞いたことがある方も多いかも知れませんが、「具体的にどんな人?」と聞かれても意外と答えられない方も多いと思います。

日本の戦国時代に「最強」ともいわれていた、名将・武田信玄。
彼のかの有名な軍旗に書かれていたといわれる「風林火山」。

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」

実はこれ、「孫子」の軍争篇(後ほどご紹介します)に書かれていた以下の1節を部分的に引用したものなんです。

「故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆。」
「故に其の疾きこと風の如く、其の徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、知りがたきこと陰の如く、動かざること山の如く、動くこと雷霆(らいてい)の如し」

 

この「孫子」の教えは過去の偉人だけではなくて、現代でも多くの経営者にとってバイブルとされていたり、ビジネス実務にも活用されたりしています。
この記事では、このように時代や国境を超えて今もなお、多くの成功者に支持されている「孫子」についてご紹介します。

孫子とは

 

 

今から2,400~2,500年ほど前に中国大陸で大きく勢力を拡大した大国・呉。
その呉という国の軍師であり将軍であった「孫武」のことを「孫子」と言います。
彼は現在の山東省あたりに存在していた斉(せい)という国の出身です。

当時の中国は「周」王朝が統治をしていた時代ではありましたが、その統治はすでに名目だけになっていて多くの都市国家が競い合っていました。
呉は現在の蘇州を都として揚子江の下流域で栄え、孫武の戦略によって大きくその勢力を拡げました。

やがて人々は彼に敬意を表し、「孫子」(孫先生)と呼ぶようになりました。
そして、彼が極めた戦略戦術、勝負の哲理を収録したものが名著『孫子』であり、「孫子の兵法」と呼ばれています。

 

現代にも活かされている「孫子の兵法」

もちろん、2,000年以上も前の時代と現代とでは社会の体制や政治の仕組みも違いますし、また、戦争の仕方や武器もまったく違います。
にも関わらず、当時の戦争を論じた書物が、現代の、それも戦いだけではなく経営や人間関係にまで役立っているのはなぜなのでしょうか?

それは、孫子の兵法が時代や体制を超えて、変わることのない人間の本質的な部分に根差した考え方を示しているからなんです。

「孫子の兵法」はこんな特徴を持っています。

 

1.人間の心や感情を冷静に見極め、それを前提とした摂理をもととした戦い方を書き記している
2.自らの力だけではなく、相手の力を利用して相手が自分の力で負けてしまうようにしむけることに重きをおいている
3.戦わずに勝つことを「最高の勝ち方」としている

 

この教えは勝負の世界に役立つだけではありません。
その本質を理解すれば、家族や恋人・社会でつながる人々との人間関係を円滑に運ぶためのノウハウビジネス社会での生き方など、多くのシーンで応用できる内容となっています。

ちなみに、『孫子』のほかに、『呉子(ごし)』『六韜(りくとう)』『三略(さんりゃく)』『尉繚子(うつりょうし)』『司馬法(しばほう)』『李衛公問対(りえいこうもんたい)』を加えたものを、中国における兵法の代表的な古典として武経七書(ぶけいしちしょ)と呼びます。

 

兵法の創始者

 

 

現在「孫子」は兵法の代名詞となっています。
では、兵法とはいったい何なのか?

ひとことで言い表せば、「古代の中国で生まれた独特な戦略戦術の体系」のことです。
なぜ「独特」という表現を使っているのかと言うと、それは単なる戦争に勝つための方法論ではなくて、人間の心と行動を見据えた勝負の哲学を示しているからなんです。

兵法の開祖というと、大ヒット漫画「封神演義」で知られる呂尚(りょしょう)だと言われています。
釣り人の別称となっている「太公望」としてもお馴染みですね。

彼は紀元前12世紀頃の中国大陸で周の建国に尽力した大戦略家です。
たまたま猟に出かけていた周の文王が、釣りをしている彼に出会い、

「あなたこそが父・大公の代から待ち望んでいた人物だ!」

と惚れ込み登用されてたという逸話が残っています。

その秘伝を伝えたのが兵法書の「六韜(りくとう)」・「三略(さんりゃく)」だと言われていますが、これはもとより伝説であって、その成立ははるか後世のお話だそうです。

学者の研究などによるとその内容はおよそ『孫子』の域には及んでいないとされていて、そういった視点から見ると、「兵法」の実質的な創始者はやはり孫子ということになりますね。

 

 

孫子の兵法

『孫子』は先ほどご紹介した孫武によって著されたとされていますが、現在、「孫子の兵法」として知られているものは孫武よりも600年以上も後に生まれた「三国志」の雄、魏の曹操が整理・注釈を行ったものです。

『孫子』は全部で13篇に分かれていて、最も有名な「彼を知り己を知れば、百戦殆うからず」という彼の考え方をもって首尾一貫されていると言われています。

 

各篇と概要は以下の通りです。

1.始計篇

戦争を決断する以前になすべきことや心がけるべきことが記されています。
被害の大きさやリスクを考慮することの重要性を説いています。

2.作戦篇

戦争の準備や計画、最小の犠牲で最大の効果をあげる作戦の基本が記されています。
戦争の長期化による国益の損失などを説いています。

3.謀攻篇

戦わずに勝つための手段が記されています。
まさに最高の勝ち方を説いています。

4.軍形篇

戦いのすがた、攻撃と守備各々についての態勢について記されています。
防御の陣形は余力を生み、攻撃の陣形は兵力を削る。このバランスを見据えた効率的な戦い方を説いています。

5.兵勢篇

「4.軍計篇」に記されている「形」から「動」に転じる軍勢について記されています。
戦闘時の勢いを巧みに操ることの重要性が説かれています。

6.虚実篇

戦争においていかに主導権を握るかについて記されています。
敵をいかに思いのままに操るべきかということが説かれています。

7.軍争篇

戦闘の心得・機先の制し方について記されています。
敵よりも早く戦地に着く、といったような戦いを有利に展開するための方法が説かれています。

8.九変篇

逆説的発想にもとづく戦い方、戦局の変化に対応するための手立てが記されています。
臨機応変な対応を説いています。

9.行軍篇

布陣法および敵情察知法、軍を進める上での注意事項が記されています。
兵力の寡多に依らない戦い方が説かれています。

10.地形篇

地形に応じた戦い方が記されています。
自らの力だけではなく、戦場にあわせた戦い方を説いています。

11.九地篇

9種類の地勢について説明し、状況に応じた戦い方が記されています。
敵陣への進攻のタイミングなども説かれています。

12.火攻篇

火攻めの原則と方法について記されています。
攻撃の方法だけではなく、その結果によってどのような影響でるのかということなども説かれています。

13.用間篇

敵情施策の重要性が記されています。
自軍だけでなく敵軍の諜報活動の利用なども説かれています。

 

『孫子』の基本

基本思想は「兵は詭道なり」です。

戦争を決断する前に考慮すべき事柄について述べた序論の「始計篇」にこの言葉が書かれています。
「兵は詭道なり」の意味するところは「戦争とは相手を騙す(だます)ことである」ということです。

 

基本戦略は「戦わずして勝つ」です。

『孫子』には具体的な戦術が記されていますが重きが置かれている戦略思想はこの考え方で、そのための事前の分析の重要性やスパイの重要性などが多く語られています。

 

もう一人の「孫子」

 

実は、古代中国には孫武に加えて「孫先生」と言われるもう一人の兵法の大家がいました。
孔子とほぼ同時期に生きた春秋時代末期の孫武よりも100年余り後に生まれた孫臏(そんぴん)です。

彼は中国戦国時代・斉(せい)の軍人であり思想家で、孫武の子孫であるとされています。

『孫子』は昔から孫武の著とは言われていたものの、ながらく孫臏の著ではないかという疑いがありました。
ところが、1972年4月に山東省で発掘された漢代のお墓から孫臏の手による『孫臏兵法』と目される竹簡が出土し、その研究結果から、従来伝わる『孫子』はやはり孫武の著であるという結論にいたりました。

 

孫子の兵法5選

ではここで、是非皆さんに知っていただきたい5選をご紹介します

 

彼を知り己を知れば、百戦殆うからず

『孫子』の中でおそらく最も有名な言葉です。

第3篇「謀攻篇」に出てくる1節で、「敵の実情を知り己の実情を知っていれば、100回戦っても敗れることがない」という意味です。

 

百戦百勝は善の善なる者に非ず

こちらも第3篇「謀攻篇」に出てくる1節です。

「100回戦って100回勝つのが最善ではない。戦わずして勝つのが最善である」という意味で、先ほどもお話しましたように「孫子」の基本戦略を表した1節だと言われています。

 

戦いは正を以って号し、奇を以って勝つ

第5章である「兵勢篇」に出てくる1節です。

「戦いとは、正攻法を用いて敵と対峙し、奇策を巡らせて勝つものである」という意味です。
正攻法を基本としながらも、これまでになかった手を打たないとなかなか戦いには勝てないということを示しています。
同じことの繰り返しだけでは成果を出し続けることは難しいという意味にもとれますね。

 

実を避けて虚を撃つ

こちらは第6章の「虚実篇」に出てくる1節です。

「敵が備えをする”実”の部分を攻めるのではなく、備えが手薄な”虚”の部分を攻撃する」という意味です。
言われてみれば「その通り」とは思えるのですが、敵や課題に対峙した時に見落としやすい視点ではありますね。

 

囲師には必ず闕く

第7章の「軍争篇」に出てくる1節です。

「包囲した敵軍には逃げ道を開けておき、窮地に追い込まれた敵軍を攻撃し続けてはならない」という意味です。
「窮鼠猫を噛む」ということわざにもあるように、仮に敵を殲滅したとしても自らの損害が膨らむ危険が高いということです。

常に最小の犠牲で最大の効果を上げ事後に備えるという、孫子の重要な思想が含まれている1節です。

 

中国の城とは

ちなみにですが、同じ「城」といっても、日本の城と中国の城とはまるで概念が違います。

日本における「城」とは領主の居城・軍事施設でしたが、中国では「町」のことを指しました。
中国の城の起源は古代の都市国家で、住民が外敵を防ぐために集落を土の塀で取り囲んだものがはじまりとされています。

山東省北部にある紀元前の斉の古都・臨沂(りんき)には、14キロにも達する城壁があり、その中に7万戸の住居があったと言われています。
兵法でいう城攻めとは、砦を攻めるものではなくて、都市攻撃を意味することだったんですね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
複雑になっていると言われている現代社会にも活かせる要素がたくさん盛り込まれていると言われている『孫子』。
多くの書籍が出版されていますので、皆さんも機会があれば是非ご覧になられてみてください。

 

この記事が皆さんの新たな一歩のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

※ブログランキング参加中です。
ボタンのクリックして応援していただけると嬉しいです(^^)
よろしくお願いします!


転職・キャリアランキング

起業・独立ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました