スポンサーリンク

40代で転職を決めたら抑えておきたいこと|これを知っておかないと危険です!

転職
スポンサーリンク

転職をする覚悟は決めたんだけど、転職なんてはじめて。。。

どんな準備をすれば良いのかな?

 

こんにちは、こじのびです。

 

僕も皆さんのように、40歳を過ぎてはじめて転職をした経験があるのですが、その当時は本当に何をどうすれば良いのかが分からず相談ができる相手も少なくて不安な日々を過ごしました。

 

まわりには新卒以来ずっと一緒に働いてきた同僚はいるものの、さすがに軽い感じで相談やアドバイスを求められるような内容ではないので、一人で必死にネット検索などで情報を収集した経験があります。

 

この記事では、そんな自分自身の経験をもとに、今後転職活動を進められる皆さんにおススメしたい心構えや準備についてご紹介いたします。

 

この記事を最後までお読みいただくと、以下のようなことが分かります。

【この記事を読んでわかること】
・転職活動を行う際の心構えや注意すべきこと
・現業において準備をしておくべきこと
・離職時に意識しておくべきこと

職場では転職の意思は見せない

 

転職の意思を固めたとしても、転職先が決まるまでは既存の職場で転職の意思を見せることはおススメしません。

なぜなら、逆の立場を考えると分かりやすいと思いますが、やはり同僚が職場を去っていくといくことはそれなりに自分にとって引き継ぎなどの負荷がかかる可能性が高く、モチベーションの低下の要因になることが多いからです。

そして、同じ”船”の一員として、いっしょに未来を語れなくなった同僚との温度感にはギャップができやすいものです。

そんな背景があるにも関わらず、40代という年齢を考えると転職活動そのものが長期化する可能性もあり、最悪の場合、関係の悪化によって転職先が決まる前に職場にいられなくなるリスクが発生してしまうからです。

 

関係者リストを整理する

 

退職時にスムーズに引き継ぎや退職連絡のコンタクトが取れるように、旅立ちの準備として関係者のリストを整理しておきましょう。

そして、そのリストはあくまでも手控えとしておいても良いですし、関係値の概要や近況をメモとして入れておけば、退職時にそのリストを共有するだけでも最低限の引き継ぎを実現することができます。

 

できればこのリストは企業単位ではなくて担当者単位で作成しておくことが理想です。

 

退職は転職先が決まってから

 

職場に退職の意思を伝えるタイミングは、転職先が決まった後というのが鉄則です。

先ほどの「職場では転職の意思は見せない」という項目でも記載しましたように、この順序が逆転してしまうと同僚との関係の悪化や転職先が決まる前に職場にいられなくなるリスクが発生する可能性があります。

また、失業という状態に身を置いてしまうと、その状態が長引くことによって貯金を食いつぶしていくような生活が始まってしまうため、生活を支えるプレッシャーから転職先の判断を見誤る危険があります。

さらにいうと、離職の期間が発生すること自体が転職活動にマイナスに影響する可能性も高いです。

 

離職中というステータスはやはりイメージが悪く、

 

「前職で良い辞め方をしていないのではないか?」
「転職先を決めるまで残れない理由があったのではないか?」

 

といった評価がなされる可能性も高く、さらにいうと

 

「待遇が少しぐらい低くても採用ができるのではないか?」

 

というように足元を見られた条件交渉にもつながりかねません。

 

仕事がきれいに区切りがつくことはない

 

40代ともなると、社内での立場や任されている業務の範囲も広く、責任のともなう仕事をお持ちの方も多いかと思います。

そして、責任感の強い方ほど、転職の意思は固めていても

 

「この仕事はきちんと最後までやり切っておかないと。」

 

と思いがちで、具体的なアクションがズルズルと先延ばしになりがちです。

 

そして、気が付けば数カ月や数年があっという間に経ってしまい、転職のタイミングを逃してしまった結果、環境や待遇が悪化していく環境下で定年までずっと耐え凌がざるを得ないという悲しい結末を迎えてしまうケースが多いです。

 

責任感をもって業務に区切りをつけるという姿勢はとても大切なことではありますが、正直なところ、その気にさえなれば会社側としてはあなたの代わりはいくらでもいます

 

そして、長年お勤めになられた方ほど、担当されている業務がすべてきれいに区切りがつくタイミングなどまずありません。

 

転職の意思を固めたからには、「会社」=「自分」ではないということを改めて念頭に置きながら、あなたの人生を優先してタイミングを図ってください。

 

ここは明確な割り切りが大切です。

 

「自分のため」に引き継ぎや挨拶はきちんとしておく

 

いざ転職先が決まったとしても、じつはここからが意外と大変です。

 

業務の引き継ぎや挨拶まわりを行うにしても、相手の都合に配慮してスケジュールを調整したり、カドのたたない退職理由の説明に苦労をするからです。

 

相手の性格やこれまでのお仕事の経緯によってはあまり良い反応をしてもらえず、憎まれ口や心に突き刺さるような発言をされる方もいるかも知れません。

 

こういったストレスをともなうことが多いこともあり、近年はそのような煩わしい作業を避けるために「退職代行」といったサービスを利用される方も増えているようです。

 

しかし、僕はこれまでの経験から、できるだけこういったことは最後のガマンだと思ってご自身できちんと対応されることを強くおススメします。

 

なぜなら、それは会社や同僚のためではなく「自分のため」になる可能性が高いからです。

 

現在は、ひと昔まえに比べると随分「転職」をされる方が増えてきていますし、その分、人の流動性が大幅に高まっています。

 

さらにいうと、これほどSNSが普及しているこのご時世においては、その気になればいくらでも人の繋がりを見つけることができますし、そのネットワークからあなたの退職時の情報を収集することも可能なのです。

 

一度悪い評判を立ててしまうと、いつどこでその情報を得た方と接点を持ったり、お仕事で絡むことになるか分かりませんよね。

 

せっかく新天地で新たな一歩を踏み出したにも関わらず、そんなマイナスの情報のために活躍の機会を奪われてしまうほど残念なことはないと思います。
是非ご自身のために「飛ぶ鳥、後を濁さず」という姿勢で臨んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事でご紹介した40代で転職を決めたら抑えておきたいことは5点です。
■40代で転職を決めたら抑えておきたいこと
・職場では転職の意思は見せない
・関係者リストを整理する
・退職は転職先が決まってから
・仕事がきれいに区切りがつくことはない
・「自分のため」に引き継ぎや挨拶はきちんとしておく

 

言われてみればその通り、といった内容が多いと思われた方も多いかも知れませんが、人ってこれまでに経験がないことに直面するとどうしても心の余裕がなくなったり視野が狭くなりがちです。
そのような時にはこの記事を思い出していただいて、頭の整理にお役立ていただければ幸いです。

 

ただし!

 

これはあくまでもその余裕がある方々に対するご提案であって、ブラックな環境等で精神的や肉体的に疲弊されていて、今すぐにその職場を離れなければ身の危険があるという方には当てはまりません。
そのような状況にある方は、迷わずご自身の心身の安全を最優先にしてください!

 

40代なんて本当にまだまだこれからです。
これまでのご経験やスキルに自信をもってチャレンジしてください。

 

皆さんの転職が実りある着地につながることを願っています!

 


転職・キャリアランキング

起業・独立ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました