スポンサーリンク

転職で面接が通らず苦しいときに知っておきたいこと

転職
スポンサーリンク

それなりにスキルや経験は持っているつもりなのですが、なかなか面接がうまく突破できません。

転職活動を続けていますが、なかなか面接が通らず自分に自信がなくなってきました。

正直、かなり辛いです。。。

こじのび
こじのび

転職活動は本当にスムーズにいくことが少なく、精神的に辛い時期が多いですよね。でも、それは決してあなた自身がこれまで積み上げてきた事が否定されている訳ではありません。

 

ちょっとした工夫で上手く乗り越えることもできますし、やむを得ない事情があることが分かれば多少ココロに余裕を持たせることもできます。

 

こんにちは、こじのびです。

 

覚悟を決めて長年勤めていた企業との別れを決断し、転職活動を始めたは良いものの、実際に応募をしてみると書類選考で落とされることも多く、やっと面接にこぎ着けたと思いきやなかなか面接を突破することができない。

 

そんな辛い思いで日々を過ごされている方も多いと思います。

ましてや30代や40代ともなるとご家庭をお持ちの方も多く、ご家族の生活を支えなければいけないプレッシャーもあり焦る気持ちばかりが先行してしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、そんな悩みをお持ちの方々のために、ちょっとした工夫や状況理解を深めることによって気持ちを楽にしていただける方法をご紹介いたします。

 

この記事を最後までお読みいただくと、以下のようなことが分かります。

【この記事を読んでわかること】
・内定がとれやすい「志望動機」の伝え方が分かる
・企業側の視点での自己アピールができるようになる
・不採用による自信の喪失が軽減できるようになる

 

志望動機と話の順序を整理する

 

転職活動、特に30代後半や40代の転職活動ともなると、なかなか一筋縄では内定を獲得することは難しいのが現実です。

ある程度の長期化を覚悟はしていたものの、やはり不採用を何度も経験するとよほど自分に自信を持っている人でも心が折れそうになったり焦る気持ちばかりが先行してしまうものです。

そして、次々とエントリーや面接を繰り返していくと、ついつい自分の強みを伝えたい気持ちが強くなり、ご自身を売り込むためのアピールだけが強くなってしまってはいないでしょうか?

 

もし心当たりがあるようであれば、改めて企業側の視点でこれまでの面接を振り返ってみてください。

企業にとって採用の際に最も意識しているポイントはどこでしょうか?それは、

 

「即戦力として活躍しながら、より長く会社に貢献してもらえるかどうか?」

 

という点です。

ここで重要な要素としては、もちろん「即戦力」という点もありますが、「より長く会社に貢献」という点がもっとも重要な要素となります。

そして、その期待値を確認する手段として抑えておきたい点が「志望動機」になるのです。

 

多くの場合、現実的な「志望動機」としては、「年収が高いから」「残業が少ないから」「休日が多いから」「裁量権の広いポジションの募集だから」といった処遇面が理由であることが多いのではないかと思います。

とはいえ、やはりこのような自分の都合だけを全面に出した「志望動機」だけではなかなか採用を勝ち取ることはできません。

まずは応募企業が展開しているサービスや商品、事業内容などをしっかりと把握した上で、ご自身なりに見えた特徴や可能性を感じたところへの共感や貢献を伝えましょう。

 

そして、応募企業に対する共感や貢献を伝えた後に、現実的な「志望動機」を上手く工夫をして伝えるようにしてください。

 

ここでの工夫とは、例えばこのような伝え方です。

◇「年収が高いから」
⇒評価制度が整っており成果がしっかりと収入に反映される仕組みができているため、モチベーションを高く維持して高いパフォーマンスが発揮できると期待している。◇「休日が多いから」
⇒十分なプライベートの時間が確保されるようになっているため、自己研鑽によってスキルの幅を広げることができ、よりレベルの高い貢献ができるようになると期待している。
このように、同じ志望動機であっても伝え方を少し工夫することによって企業側にとってプラスに感じる表現にすることが重要です。

是非これまでの「志望動機」と「話の順序」を振り返っていただき、改善の余地があるようであれば次回の面接に取り入れてみてください。

 

他の候補者と比較されていることを意識する

 

内定がとれない日々が続くと、ついつい自分への自信を失ってしまいそうになるものです。

では、実際にこれまで経験された面接において、それほどたくさんあなたに足りないものはあったでしょうか?

もちろんすべてが完璧な面接などそう簡単には実現できませんが、採用側として申し分のない応募者に出会えることなどまずあり得ません。

しかし、企業側にとっての「採用活動」とは今後の企業の発展を担う最優先タスクの一つであるため、慎重に判断は行いたいものの、長期化による人的リソース不足を要因とした成長の鈍化や採用コストの肥大は避けたいという側面があります。

従って、あなただけに対象を絞った採用活動を行うというようなケースはほとんどありません。

 

ここで重要なのは、企業側としてはあなた自身の「絶対評価」ではなくて、他の候補者との「相対評価」で判断をしている可能性が高いという点です。

 

多くの求人には当然どのような職種やポジションの人材を必要としているのかといった情報の開示があります。

そしてその求人に応募をされる候補者は大なり小なりその要件を満たせる可能性がある方々です。

そのような前提を視野に入れて考えると、企業側においてはその中でも敢えてあなたを選ぶ理由を欲しがっているはずなのです。

 

あなたの面接での受け答えは、この視点が加味された内容になっているでしょうか?

 

採用担当者にあなたを選ぶ「理由」を与えてあげること。この点を意識してアピールポイントや面接での受け答えにおけるポイントの重み付けを見直してみてはいかがでしょうか?

 

スキルセットのギャップがあることを理解する

 

先述しましたように、求人票や求人情報にはどのような職種やポジションの人材を求めているのかは開示されています。

もちろん、その内容を確認した上で応募をされていると思うのですが、これらの開示情報だけでは確認ができない要素がたくさんあります。

そして、例えば「営業」という職種での募集があったとして、どの企業においても必要とされ、期待されるスキルや経験が同じかと言えば決してそうではありません。

 

言うまでもないことかも知れませんが、企業はそれを構成する様々な人が任された役割を果たしながら、業務をつないでいくことで企業としてのサービスや商品を提供価値として発信しています。

 

ここでお伝えしたいことは何かというと、求められる要件はその役割とバトンをつなぎ合わせる他の構成メンバー(社員・同僚)のスキルセットによって変わるということなんです。

 

従って、あなたがどれだけ優れたスキルや知識を持っていても、既存メンバーが有しているスキルや組織設計によって過不足が発生する可能性があります。

この場合、なかなか内定を獲得することは難しくなりますが、これは決してあなたのスキルや経験が否定されたということではなく、「相性が悪かった」ということでしかありません。

こればかりはあなたがコントロールできる範囲の問題ではありませんので、「ご縁がなかった」と思って割り切ることが肝心です。

間違っても自己否定に陥ったり、次の面接に引きずりパフォーマンスを低下させるようなことにならないようにしっかりと切り替えることが大切です。

 

まとめ

【まとめ】
転職で面接が通らず苦しいときに知っておきたいこと
・「志望動機」の伝え方を工夫する
✓長く活躍できる根拠として商品やサービス・事業内容の視点での共感や貢献の期待値を伝える
✓自分都合の「志望動機」を企業側にとってプラスに感じる表現で伝える
・相対評価の視点であなたを選ぶ「理由」を提供する
・既存メンバーとの組み合わせのズレはあなたに原因がある訳ではないので自信をなくさない。

 

転職活動は本当に辛く孤独なチャレンジです。

特に30代後半や40代以上の方々にとってはある程度の長期化は覚悟の上で臨まないといけないチャレンジではありますので、精神面や金銭面でのストレスも大きく、ついつい自己否定に陥りがちになります。

しかし、そんな状況を迎えるのはあなただけではありません。

そしてそれは決してあなたが否定されている訳ではないのです。

 

しっかりと対策を練り、根気よく行動を続けていれば必ず道は拓けます。思い悩む日が続く時にはこの記事を思い出していただいて、ここに書かせていただいた工夫や気持ちの切り替えを実践してみてください。

 

あなたの転職活動を心から応援しています。

 

この記事が皆さんの素晴らしい転職のお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

※ブログランキング参加中です。
ボタンのクリックして応援していただけると嬉しいです(^^)
よろしくお願いします!


転職・キャリアランキング

起業・独立ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました