スポンサーリンク

グラフィックデザイナーってどんな仕事?|デザイナーの世界

ビジネス
スポンサーリンク

日常生活で当たり前のように目にする様々な商品のパッケージやキャンペーンのPR物。

モノがありふれた現在では、「いかに一目で「その商品を意識させるか」「他商品との差別化ポイントを認識させるか」という点は、ビジネスにおいて非常に重要な要素ですよね。

 

こんにちは、こじのびです。

 

マーケティングや営業活動を行うに当たり、切っても切り離せない企業活動に「商品企画」や「キャンペーン」があります。

これらの活動を支えているクリエイティブ(作品)や商品パッケージの制作を担っている方々こそが「グラフィックデザイナー」です。

今回はこの、「グラフィックデザイナー」という職業にスポットを当ててご紹介をしたいと思います。

 

グラフィックデザイナーとは

 

グラフィックデザイナーとは、企画やコンセプトに基づいて、広告やカタログ・ポスター・商品のパッケージなど主に紙媒体をメインに印刷物のデザインをするお仕事です。

独自の発想で作品を創ることもありますが、時にはアートディレクターやイラストレーター・コピーライターなどと共同で作品を制作することもあります。

グラフィックデザイナーはデザイナーではあるものの、画家やアーティストとは違いビジネスのためのデザインを行う仕事であるため、自分の創りたい絵を描くのではなく企業のイメージアップや商品の売り上げアップを意識した作品を創る必要があります。

 

就職先・活躍の場

 

グラフィックデザイナーの主な就職先は、広告代理店や印刷会社・制作プロダクションといったような他の企業にクリエイティブ(作品)を提供する企業であったり、自社の商品を持ち伝部や商品開発部といった機能を有した企業などとなります。

グラフィックデザイナーとしての経験と実績を積んだ後には、フリーランスとして独立される方もいらしゃいますし、広告全体を指揮するアートディレクターとして活躍される方もいらっしゃいます。

特に、独立をして実績や知名度を上げると、大幅な収入増も期待できる夢のある仕事と言えます。

 

グラフィックデザイナーになるためには?

 

グラフィックデザイナーになるためには特に必要な資格はありませんが、やはりそれなりに必要なスキルは求められます。

IllustratorやPhotoshopといったツールの使い方はもちろんのこと、構図・配色・文字の配置のノウハウである「デザイン理論」などのスキルを身につけておく必要があります。

このような知識は独学で習得することも不可能ではありませんが、芸術系の大学や短大、デザイン系の学科がある専門学校に通って学ぶケースが一般的です。

 

グラフィックデザイナーの年収イメージ

 

グラフィックデザイナーの年収は300万円~500万円程度です。

もちろん、勤務先の企業の規模やキャリアによって大きく異なりますので、大手広告代理店などで大きな成果や実績を残すと1,000万円を超える年収を得ることも可能なようです。

しかし、グラフィックデザイナーも他のクリエイティブ系の職種と同様、勤続年数に比例した昇給はあまり大きくないケースが多いため、年齢を重ねていけば自動的に年収が上がっていくということは少ないようです。

 

著名なグラフィックデザイナー

 

亀倉雄策(かめくら ゆうさく)

1915年、新潟生まれのグラフィックデザイナー/アートディレクターで、日本デザイン界の巨匠と呼ばれています。

代表作には1964年に開催された東京オリンピックのシンボルマークや公式ポスター・ピクトグラムや明治のロゴ、NTTマークなどがあります。

 

田中一光(たなか いっこう)

1930年、奈良県生まれのグラフィックデザイナーで、昭和期を代表するグラフィックデザイナーとして日本のデザイン界・デザイナーたちに大きな影響を与えたと言われています。

代表作には無印良品のトータルデザインや、西武百貨店の包装紙のデザインなどがあります。

 

原研哉(はら けんや)

1958年、岡山県生まれのグラフィックデザイナー。1998年に開催された長野オリンピックにて開会式や閉会式の催しをプロデュースしたことでも有名です。

代表作には、無印良品や蔦屋書店のビジュアルイメージなどがあります。

 

葛西 薫(かさい かおる)

1949年、北海道生まれのアートディレクターで、サントリーの広告キャンペーンで有名です。

代表作には、サントリーの「ウーロン茶」や「モルツ」、ユナイテッドアローズのキャンペーンなどがあります。

 

大貫卓也(おおぬき たくや)

1958年、東京生まれのクリエイティブディレクター/アートディレクター/グラフィックデザイナー。

代表作には、としまえんのキャンペーンやペプシコーラの「ボトルキャップ・キャンペーン」、資生堂の「TSUBAKI」などがあります。

 

佐藤可士和(さとう かしわ)

1965年、東京生まれのクリエイティブディレクター/アートディレクターでSMAPのCDジャケットなどを手がけたことなどでも有名です。

代表作には、ホンダのステップワゴンをはじめ、ユニクロやGUのロゴや楽天のロゴなどがあります。

 

佐藤卓(さとう たく)

1955年、東京生まれのグラフィックデザイナー/パッケージデザイナー/アートディレクター。

代表作には、ロッテの「キシリトールガム」や「ミントガムシリーズ」、明治の「おいしい牛乳」などの商品パッケージをはじめとして、アートディレクションを行ったNHKのEテレで放送されている「にほんごであそぼ」などがあります。

 

青木克憲(あおき かつのり)

1965年、東京生まれのクリエイティブディレクター/アートディレクターです。

代表作には広告やデザインが多く、キリンビールの「カンパイ!!ラガー」やキリンビバレッジの「生茶」、サントリーの「カクテルバー」などがあります。

 

服部一成(はっとり かずなり)

1964年、東京生まれのグラフィックデザイナー/アートディレクターです。

キューピーの「キューピーハーフ」やPOLAのアートディレクション、オンワード樫山の「組曲」やラフォーレ原宿などがあります。

 

まとめ

この記事でご紹介した「グラフィックデザイナー」はとても夢のあるお仕事です。

しかし、活躍の場のメインの一つである広告業界は今やデジタルシフトの波が押し寄せ、新聞や雑誌といった紙媒体は衰退の一途をたどっているという厳しい現実があることも事実です。

商品パッケージやPRのためのクリエイティブ制作がなくなることはあり得ませんが、やはり現在の環境変化に対応するためには、「グラフィックデザイン」のスキルや経験を身につけつつ、Webデザインなどのスキルもあわせて身につけ、活躍の幅を広げておくことも大切なことです。

是非、ものづくりやデザインに興味や可能性を感じておられる方がいらっしゃれば、この記事でご紹介しました「グラフィックデザイナー」を目指してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が皆さんの素晴らしい転職やスキルアップのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

※ブログランキング参加中です。
ボタンのクリックして応援していただけると嬉しいです(^^)
よろしくお願いします!


転職・キャリアランキング

起業・独立ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました