スポンサーリンク

面接の成功確率が上がるちょっとした準備|40代の転職にも効果があります

面接
スポンサーリンク

 

「転職しないといけないけど、面接ってどうも緊張する。」
「人見知りなので面接がニガテ。。。」
「面接で実力が出しきれずに落とされてしまうことが多い。」

 

こんにちは、こじのびです。

 

僕はこれまで2度の転職を経験してきましたが、やはり採用面接というものはなんとなく緊張するものです。

そして、なんというか、とにかくエネルギーみたいなものの消費が高いですよね。

 

ましてや僕のように40歳を越えてからの転職ともなると、新卒時からのブランクがかなりありますし、これまでのキャリアをコンパクトにまとめて自己紹介するということだけでもなかなか大変です。

 

さらにいうと、転職時の年齢が上がれば上がるほど書類選考で落とされてしまうことも多く、ひとつひとつの面接が数少ない機会だと思うとついつい力が入ってしまいがちです。

 

そして残念ながら、わずか1時間ほどの会話の中ではなかなかそういった過度の緊張がほぐれることはなくて、真実のご自身を出し切ることなく落とされてしまう可能性はとても高いです。

 

なぜなら採用側からすると、応募者の実力をみることはもちろんのこと、選考の重要なポイントとして「一緒に働きたいと思えるかどうか?」という点を強く意識しているケースが多いからです。

 

1時間も面接をしてみた結果、なんとなくぎこちない会話が続いた印象が残ってしまうと、なかなか「次に進んでもらいましょう!」とはならないですよね。

 

この記事では、久しぶりの面接に臨まれる方やどうも面接がニガテという方が、少しでもその緊張感をほぐして実力を発揮していただくために、おススメの準備や行動をご紹介いたします。

 

前日までにしておくこと

 

突然ですが、あなたは現在お勤めの会社での振る舞いや同僚との会話に緊張しますか?

 

もちろん、「親しき中にも礼儀あり」ではありますので適度なマナーや緊張感は必要ですが、よほどの劣悪な環境でない限り、過度に緊張されることはないと思います。

 

それってなぜだかお分かりですか?

 

当たり前のことをあえてお話させていただきますが、もちろんその答えは、よく知っていて慣れ親しんでいる環境や人だからですよね。

 

僕は、面接で緊張する理由の多くはここにあると思っています。

 

なぜなら面接は、まったくはじめて訪問する場所ではじめて会う方との会話になるので、とてもじゃないですけどどんな会話が展開されるかのイメージがつかないですよね。

その結果、どのような質問をされるのか、どんな温度感で会話をすれば良いのか、という想像ができずに見えない相手に緊張してしまうのです。

 

では、どのようにそれらを解消すれば良いのか?

 

それは、「相手を知って疑似体験をしてしまうこと」だと思っています。

 

僕はこの考え方やアクションをするようになってからというもの、面接への苦手意識はかなり軽減されて面接の突破率が劇的にあがりました!

 

さっそく僕が実践した具体的なアクションをご紹介します。

 

会社情報やニュースをよく見ておく

こちらはすでに多くの皆さんが実施されていることかも知れませんが、さらにひと手間加えて欲しいのです。

 

それは、「もう内定をもらったつもり」で見ることです。

 

どういうことかと言いますと、特にニュースやプレスリリースを「具体的な期待や不安をイメージしながら」読むということです。

 

そして、最近ではFacebookやTwitterにも様々な情報があったりしますし、YouTubeに社長や役員のインタビュー動画などが投稿されているケースもあります。

 

ここで重要なのが、「面接に向けた情報収集」という義務感にかられるのではなくて、できるだけ多くの情報にふれることによって自分の中に親近感を植え付けていくようにするという点がポイントです。

 

そういったスタンスで様々な情報にふれることによって、自分の中の志望度合いも高まりますし、不思議に思ったり疑問に感じたりすることが出てくることもあります。

この際に、疑問に感じたことなどを控えておくと面接で聞きたいことが増えますし、質問の質が上がりますのでより深い会話ができることになります。

 

面接の担当者を調べておく

最近は本当に便利になっていて、どんな企業でもだいたい採用のための情報を発信しています。

 

WEBサイトにはもちろんのこと、SNSやWantedlyなどの求人情報メディアに採用活動の情報を掲載されていることも多く、人事担当者や採用責任者の対談記事などを確認することができます。

 

面接の連絡を受ける際に、先方の担当者名が知らされるケースもありますが、少なくとも面接担当となる可能性が高い方の顔や名前、自己紹介記事や対談記事などを事前にチェックしておくことのメリットは大きいです。

 

できれば個人のFacebookページなどもチェックしておきましょう!
人によっては趣味や最近のイベントなどをこまめに投稿されていたりしますので、かなりの情報を得ることができます。

 

面接当日に「やはりこの人だ。」「たしかこんなスタンスで面接に臨むって記事に書いていたな。」と思えるだけで、かなりリラックスして会話を始めることができると思います。

 

エージェントにヒアリング

多くの場合、転職先の案件はエージェント経由が多いと思います。

 

ご自身でいろいろと情報収集をされた後に、できるだけ改めてエージェントに企業の情報や直近の企業側とのコミュニケーションの状況などをヒアリングしましょう。

 

なぜこのタイミングで改めてヒアリングをすることをおススメしているのかと言いますと、転職活動においては往々にして、はじめて知った企業や多少名前程度は知ってはいるもののその企業についての情報をほとんど持っていない状態から始まるケースが多いからです。

 

エージェントと企業との距離感にもよりますが、企業側の直近の採用状況選考が進んでいる人とそうでない人の違いなどのアドバイスがもらえたり、情報収集時に感じた疑問に対する答えを知っていたりすることもあります。

 

その答えによってはさらに深いポイントでの疑問点が見えたりしますので、面接時にその深堀りしたポイントを質問することによってより深いレベルでの会話を行うことができます。

 

採用側としても、企業が抱える課題の本質に近い質問やその課題に対するなんらかの見解を明確に持っている応募者がいるととても魅力を感じるものです。

 

 

面接当日にしておくこと

ここまでご紹介したアクションを実践していただくだけで、応募先の企業に対してかなり親近感をもてるようになると思います。

 

この状態になれば、緊張感というよりも期待感の方が高まって「早く面接でいろんな話を聞きたい!」というムードになります。

 

少なくとも、すでに受け身のスタンスではなくなりますので、積極的な姿勢になっているだけでも面接での雰囲気は大きく変わります。

 

でも、まだまだ当日にできることがあります!

 

ここからは最後のひと押しとして当日におススメするアクションについてご紹介します。

 

1時間前には到着しておく

僕はいつも面接の1時間前にはいちど先方に到着するようにしています。

 

もちろん、時間的に余裕をもって移動しておいた方が電車の遅延や想定外のトラブルによる遅刻などを防ぐことにはなるのですが、もう少しおススメしておきたいポイントがあります。

 

ここで是非試していただきたいことは以下の2点です。

・最寄駅から会社までの道中をしっかりと観察する
・会社や建物への人の出入りを観察する

最寄り駅から会社までの道中をしっかりと観察する

なぜこれをおススメするのかというと、ひとつには実際に入社をした場合、毎日のようにその道を通ることになるからです。

 

どのような生活が待っているのかをイメージすることは非常に重要ですし、今から面談することになる採用担当者もかなりの確率で毎日のようにその景色を見ています。

 

そして、その道中で目につくお店や季節の変化が分かるようなもの、またはちょっとした会話のネタになりそうな情報をインプットしておくと面接序盤の雑談ネタに使うこともできますので、アイスブレークとしての活用も期待できます。

 

会社や建物への人の出入りを観察する

こちらはあまり実施されている方も少ないようですが、是非試してみてください。

 

なぜこのようなアクションをおススメするのかと言いますと、こうすることによって企業の雰囲気や文化が見えたりするからなんです。

 

社員の方々がどのような服装で勤務をされているのかといったことをはじめ、どのような雰囲気で会話をされているのかといったことが分かったりしますし、どのような取引先の方がいらっしゃるのかといったことが見えてくることもあります。

 

実際にその企業に関わっている方々の雰囲気を見ることで、自分自身が働くイメージが湧きやすくなります。

 

訪問の理想は5分前

企業を訪問する時間は5分前が理想です。

 

なぜなら、あまり訪問が早すぎると受付や面接会場で待機する時間が長くなり緊張感が高まってしまうからです。

 

僕はこれまでのキャリアで言いますと面接をする立場であった期間も長く、実際に500名以上の方々を面接させていただいた経験があります。

 

その経験から言うと、10分以上早く来られてしまうと、大体まだ他の業務に関わっているタイミングですので、「待たせてしまう」という焦りと、「ちょっと早いよ。。。」という軽いネガティブな印象を持ってしまうこともあるからです。

 

余裕をみて早めに行動することは決して悪いことではないのですが、相手があるということを意識することも大事です。

あまり余裕を見過ぎて結果的にそれを相手にも強要してしまうようなマイナス要素は避けた方が無難だと思います。

 

おススメの心構え

久しぶりの面接に臨まれる方や、面接がニガテだという方には是非ここまでにご紹介をしましたアクションを試していただきたいのですが、最後にもう一つだけお伝えしておきたいことがあります。

 

それは、「お互いがフラットな関係である」ということです。

 

どういうことかと言いますと、応募側からすると「採用してもらう」という受け身の姿勢になりがちではあるのですが、企業側からすると「優秀な方に自社に来て欲しい」という想いが背景にあるということです。

 

雇用関係が決まるまでは、あくまでもお互いに選択権があって選考をしあっているという意識をもって面接に臨んでください。

「こちらも選ばせてもらいますよ。」というスタンスを持っているぐらいがちょうど良いと思います。

そうすると自然に受け身の意識が弱まり、緊張感が軽減されます。

 

さらにいうと、その状況を是非楽しんで欲しいのです。

 

なぜなら、色んな企業に出入りができて、その企業の事業内容や儲けの仕組みだけでなく、どのような課題が起こり得るのかといったことなどを直接聞くことができる機会は今しかないかも知れないからです。

 

仮にご縁がなかったという結果になったとしても、その場で得た知識や情報・経験は確実にご自身に積みあがっていくものだという思いをもって転職活動を楽しんでもらいたいと思います。

 

まとめ

転職活動は人生を左右する大きなイベントです。

そして、今その活動に臨まれている方々にとっては、ゴールが見えず、想定以上に書類選考で弾かれてしまったり、希望の条件にあう求人がなくて辛い時間を過ごされているかも知れません。

 

でも、諦めないでください。

 

世の中には驚くほど多くの企業がありますし、環境は刻々と変化しています。
当然、企業の課題も変わりますし、その変化によって必要なスキルや人材も変わります。

いま転職先が決まらないのは、あなた自身が否定されているのではなくて、たまたま相性の良い求人案件がないだけなんです。
諦めさえしなければいつか必ずご希望に近い案件に巡り合えますし、新天地の扉は開けるものです。

応援しています。頑張ってくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が皆さんの転職に向けた新たな一歩を踏み出すお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 


転職・キャリアランキング

起業・独立ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました